50パーセント割引は大きい!

- 50パーセント割引は大きい!

50パーセント割引は大きい!

株式1部上場企業であるJALやANAといった航空会社の株主優待を利用すれば飛行機運賃が割引になるのが大きなメリットです。
会社によって内容や利用制限などは若干異なりますが、JALとANAについては優待券1枚につき50パーセントが割引されます。

株主でなくてもOK

この割引が目当てでJALやANAの株主になっている人も少なくありません。
特に個人投資家は株主優待の内容次第で株の購入を決めることもあるくらいなのです。
「でも私は株主じゃないからそんな話は関係ない」と諦めている人も少なくないかと思いますが、そんな人に朗報です。
実は株主でなくても株主優待券は手に入りますから、運賃の割引をはじめとするさまざまなサービスが株主と同等に受けられるのです。


いろいろなサービス

その方法とは、金券ショップへ行くことです。
店舗はもちろん、インターネット上にも航空会社の株主優待券を扱う金券ショップはたくさんあるので、飛行機の利用の機会のある人はぜひ探してみるといいでしょう。
国内の最大手航空会社であるJALとANAが優待券を発行していて、どちらも国内線のみの片道1区間が優待券1枚あれば普通運賃の半額で利用できます。
他にもスターフライヤーも株主優待券を発行しており1枚で50パーセントの割引、エアドゥとソラシドエアは1枚25パーセントの割引ですが2枚まで使用ができるので2枚使えば50パーセントの割引となります。
安く飛行機に乗ることだけが目的ならLCCや「早割」「特割」などのサービスのほうが安く乗れるかもしれませんが、優待券の大きなメリットは、取り消しの際の手数料のみで予約変更や払い戻しは無料でできるという点です。
空席さえあれば当日申し込みも可能なので、日程がなかなか決定しなかったり予定が変更される可能性がある場合などでも気兼ねなく利用できます。
金券ショップの取り扱い価格はいろいろで、最近ではANAのほうがJALよりも安く買えたり、遠距離のローカル線のほうが割引率が高いのでお得感が増すといったこともあります。
ただ、LCCの競合する新千歳や福岡、那覇といった路線などでは必ずしも優待券のほうがお得になるとは限らないこともあるので要注意です。

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »