株主優待券を利用する際の注意点

- 株主優待券を利用する際の注意点

株主優待券を利用する際の注意点

国内便の同一一区間の片道運賃が普通運賃の50パーセント割引で利用できるのが最大のメリットである航空会社の株主優待ですが、いくつか注意しなければならない点もあります。

こういたは知っておくべき

それはたとえば、JALバーゲンフェアやANA超割といったバーゲン料金のものと比較すると株主優待券のほうが高くなるケースが多いということです。
早割など長期事前予約の料金と比べた場合にも、その事前予約の期間の長さにもよるのですが総体的に高くなる傾向が見られます。
また金券ショップなどで購入する際には、優待券の有効期限が長いほど高く、短いほど安くなるので、購入時期によって価格がまちまちであることも理解しておきましょう。
逆に優待券を売る場合には、有効期限が長いうちに売るほうが高く買ってもらえることも覚えておくといいでしょう。
相場としては、区間やその他の条件が同じならJALのほうがANAよりも安くなります。
マイレージの加算はファーストクラス以外は100パーセント以下になりますが、そもそも普通運賃の半額で利用するのですから充分でしょう。


メリットはそれを上回る

ただいくつか注意点はあるとしても、メリットはそれを補って余りあるといえます。
支払い料金はもちろん、年末年始やお盆、ゴールデンウイークなどの繁忙期でも利用できます。
バーゲンや早割などは、この期間の設定さえありませんからね。
さらに便の変更も可能ですから、早めに席だけ押さえておいて予定が変わったなら変更できるというのは非常に利便性が高いといえます。
当日でも席さえ空いていれば予約できるので、予定の立てづらいビジネスユースにも十分対応できます。
また、コードシェア便があればその利用も可能なので、行動範囲が広まります。
サービスは一般航空会社の普通運賃を支払ったのと同じものが受けられるのは当然ですから、何の問題もありません。
リーズナブルに飛行機を利用するなら株主優待券を使用するのがおススメなのは、以上の理由からなのです。

  « 前の記事: を読む