安く飛行機に乗りたい人必見

- 安く飛行機に乗りたい人必見

安く飛行機に乗りたい人必見

「株主優待なんて株を持っている人だけのことで株を持っていない私には関係のない話」と思っている人は大勢いると思います。
しかし、実は株を持っていなくても株主優待を手に入れることができるのですよ。

株主でない人はどこで株主優待を手に入れるの?

というのも、金券ショップや格安チケットを取り扱っているお店などに株主優待券が出回っているからです。
株主優待サービスを受けてもそれを利用できないような人からその権利を買い取って販売しているので、株を持っていない人でも株主優待の権利を手に入れることができるというわけです。
航空会社の株主優待券は金券ショップなどでも人気が高く多くのお店で扱っていますので、ここで航空会社の株主優待を使用するメリットを紹介しておきましょう。


メリットはたくさん

株主優待を行なっているのは、ANAやJALといった大手の航空会社のものが一般的です。
LCCなどは株式上場をしていないところがほとんどなので、株主優待制度自体が存在しません。
航空会社の株主優待は、株主の所有株数に応じて優待券を発行しておりそれがあれば通常運賃の半額で飛行機に乗ることができます。
JALやANAなどの航空会社でも、多くの乗客を確保するために「早割」「特割」といった運賃を安く提供するサービスを行なっています。
確かにこれらをうまく利用すれば通常料金をかなり割り引いた価格で飛行機を利用できるのですが、デメリットも少なくありません。
まず、利用する便が決まらなければ予約できないので急な利用や予定の変更の可能性のある利用には使いづらいといった点が挙げられます。
また一旦予約すると便の変更ができない、キャンセルの場合は搭乗日までの期間によりますがかなりのキャンセル料が取られてしまうといった点にも気を付けなければなりません。
けれども、優待券を利用すれば同一路線で同一航空会社なら席さえ空いていれば当日の予約もOK、さらに変更も自由にできるのでとりあえず席を押さえてしまうという使い方もできます。
さらに正月やお盆、ゴールデンウイークなどは早割サービスの設定がないことがほとんどですが、優待券には利用日の制限はありません。
安く飛行機を利用したいけれど何かいい方法はないかと思っているなら、株主優待券を利用するのはいい手段だと思いますよ。

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »