優待券を使えばこんなにお得

- 優待券を使えばこんなにお得

優待券を使えばこんなにお得

航空会社の株主優待券は、株主でなくても金券ショップで手に入れることができます。

運賃が半額になる!

この場合売っているのは優待券のみで、グループ企業などでいろいろな特典や割引の受けられる株主優待冊子はほとんどのお店で取り扱っていません。
この冊子はホテルの宿泊やレストランの飲食、国内外のパッケージツアー商品の購入などが割引になるので、非常にお得です。
ネットオークションで出品して2000円程度で売っていることもあり場合によってはとてもお得になるので、ぜひ併せてチェックしてみるのもいいかもしれませんね。
さて優待券の内容は、国内線の同一区間片道の運賃が普通の半額になるというのがポイントです。
たとえば札幌と那覇間を普通運賃で購入すると、季節などにもよりますが70,000円程度掛かるのが優待券なら35,000円程度で済むというわけです。
金券ショップでの株主優待券の購入価格はJALとANAのいずれでも最大でも7000円程度に収まるはずですから、結局航空運賃に掛かる支払いは42,000円程度となります。
つまり、普通運賃で購入するよりも28,000円くらい安くてすむわけです。
この差は大きいですよね。
旅行ならもう1泊日程を追加できたり、ホテルのランクを上げたり食事内容を豪華にすることも可能です。


値段は条件によって異なる

ただしこの値段はあくまでも目安で、飛行機の利用路線によって値段が異なります。
本州内の移動は飛行機を使うと却って高くなることもあるので、新幹線やクルマ移動が主流となるために優待券の販売価格が安くなる傾向があります。
その反対に北海道や九州、沖縄、東北など遠く離れた地域への移動分は高くなりがちです。
JALのほうがANAより高めの設定が多いのは、飛行機の本数がJALのほうが多いからですが、さほど大きな価格の違いはありません。
株主優待券はネットショップで取り扱っていることもあるので、飛行機を利用する予定のある人はネットショップのチェックもお忘れなく。

関連記事:

    None Found

  « 前の記事: を読む